4年生国語「だれもが関わり合えるように」 学習会

4年生は、国語で「だれもが関わり合えるように」という学習をしています。視覚障害者の方が書いた話を読んだり、点字やバリアフリーについて調べたりして、だれもがよりよく関わり合える社会にするにはどうしたらよいか、考えています。

今日は、あかつきの会の山田さんを講師に迎えて、学習会を行いました。山田さんの話を聞いた後、「目が不自由になって一番大変なことは何か」「出かけるときにはどうしているのか」など、質問をしました。どの質問にも優しくていねいに答えていただき、視覚障害をもつ方がどのように生活されているのかがとてもよく分かりました。最後には、山田さんから、「命とは、生きるとはどういうことなのか」を話していただき、子供達は真剣に聞き入っていました。(Y.D)